ふるさと元気風ブログ版

ふるさと元気風ネットの活動、ふるさとの自然やことば、日々のつぶやきを発信します。2012・01・28~

ふるさとのうた

ふるさとのわらべうた「煙(けむい)やあっちいけ」

今月のわらべうた「煙やあっちいけ」 毎月第一水曜日、おおすみFMラジオで方言講座とかごしまわらべうた 昔、いろりを囲んで煙が自分の方へくると、手で煙をあおいで「けむいやあっちいけ、うんまんこはこっちけ」と歌って自分のほうへはあったかい火だけ…

ふるさとのわらべうた「ソーダ村の村長さんが」

今月のわらべうた「そーだ村の村長さんが」 「そーだ村の村長さんが」には元うたがあった。童謡「サッちゃん」で知られる児童文学作家の阪田寛夫の詩「そうだ村の村長さん」だ。 「そうだ村の村長さん」 阪田 寛夫そうだむらの そんちょうさんが ソーダのん…

ふるさとのわらべうた「たけんこすみそ」

今月のわらべうた たけんこすみそ(てまりあそびうた)

ふるさとのわらべうた「一かけ二かけ」

今月のおおすみFMラジオ方言講座のふるさとに残るうたは「一かけ二かけ」 かごしまではてあそびうたや手まりうたとして県内各地で歌われていました。 一かけ二かけ<久保けんお 採譜> 一かけ 二かけ 三かけて四かけ 五かけ はしをかけ はしのらんかん こ…

3月ラジオ方言講座  わらべうた「ちょっと通してくだしゃんせ」

3月FMラジオ方言講座 方言基礎講座から:「ごっとい千貫」:「ごっとい」は「ごっそり」であり、「千貫」は「千両の大金」という意味。建物などが傷んできたとき、ほんの少しのお金ですむと思って人に頼んだら大金をごっそり取られてしまった。このようなこ…

「わこないやしつろ」と「しょがちゃわこなる」

ラジオ方言講座「わこないやしつろ」と「しょがたちゃわこなる」 新年一回目のラジオ方言講座は新年にちなんで鹿児島の正月あいさつことば「わこないやしつろ」(お若くなられたことでしょう)と「しょがちゃわこなる」のかごしまわらべうたを紹介しました。…

五木の子守唄

おおすみFMラジオ12月「方言講座とわらべうた」 今月のふるさとのことばは 「ものごちゃイワシ 遠慮はすいめ」や「きぞがわり」のことわざや慣用句をクイズにして楽しみました。 今月わらべ歌は「五木の子守唄」 五木の子守唄は五木村が発祥で70余の原曲…

ふるさとのうた「がねといのうた」

鹿児島のわらべうた「がねといのうた」 介護職員初任者研修の対人援助音楽療法とコミュニケーションで手話音楽やかごしまのわらべうたを楽しみました。「がねといのうた」を紹介します。 1,おいどんが ちんけときゃよ がねといけ いっごったよ がねは とい…

ふるさとのわらべうた「あ よいよいや」

毎月第一水曜日はおおすみFMラジオで方言講座とふるさとのわらべうた 方言講座では気象に関することわざから「おなごだまかし」「たかわたいびよい」などのことわざや単語を紹介しました。 立冬(今年は11月7日)前の今の時期、急に寒くなったり暑さが…

ふるさとのわらべうた「西郷(せご)どんが」

おおすみFMラジオ方言講座・ふるさとのわらべうた 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座とふるさとの歌の紹介です。 ふるさとのうたでは「「西郷(せご)どんが」のわらべうたを紹介しました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

ふるさとのわらべうた「十五夜お月さん」

FMラジオ方言講座・ふるさとのわらべうた 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座とわらべうたの紹介の日です。方言講座編では「もへ爺」と「から爺」のことわざ方言で盛り上がりました。後半のふるさとわらべうたコーナーではかごしまわらべう…

ふるさとのわらべうた「だいかさんのびんたに」

FMラジオ方言講座・ふるさとのわらべうた 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座とわらべうたの紹介の日です。方言講座編では「かかいよわんけさまつ」「やっけなそまげ」「おてけい」等の慣用句や単語をクイズにして楽しみました。後半のふる…

いちりっとらん

FMラジオ方言講座 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。方言講座編では「またばいのこやっ」「おぞけがね」「えさっちょか」「おずん」「みしたんぬす」等の慣用句や単語をクイズにして楽しみました。後半のふるさとわらべうたコー…

なこかいとぼかい

FMラジオ方言講座 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。方言講座編では「髪は結てん他人ごちゃユナ」(他人のうわさ話や悪口は決して言うものではない)のことわざや「うんだもしたん」「よだき」「あんべがわり」・・・・などユニ…

ひとふたとーお

お手玉のかぞえ遊び歌「ひとふたとーお」 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。方言講座編では「たっちんこめ」「いっき」「あまめがふをわるた」「あばてんね」「いめごろ」・・・などユニークなかごしまべんをクイズにして楽しみま…

ふるさとのわらべうた「一二の三」

ふるさとのわらべうた「一二の三」 毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。講座編ではかのや朝市で取材した「あったらし」の会話文例を紹介しました。後半のふるさとわらべうたコーナーでは「石けりあそび」や「ケンケンパーあそび」で…

ふるさとのわらべうた「ひとよにふたよ」

今月のおおすみFM方言講座とふるさとのわらべうたから 冬になると越中どん(富山の薬売り)が大きな箱に薬をつめ、それを背負って家を一軒一軒回ってくるものでした。子どもたちの楽しみは越中どんがくれる紙風船でした。紙風船をふくらませて歌にあわせてポ…

ふるさとにのこるうた「ガネ取いのうた」

今月のおおすみFMラジオ方言講座のふるさとのうた「がね取いのうた」 1,○おいどんが ちんけときゃよ がねといけ いっごったよ がね といださじよ ねて もどったよ (自分たちが小さい頃は、よくカニを捕まえに行くものだった。 しかし、カニは捕ることが…

ふるさとに残るうた「鹿屋小唄」

今月の大隅FMラジオふるさとのうた「鹿屋小唄」 鹿屋市北田城山公園一角に野口雨情作詞の「鹿屋小唄」の詩碑が立つ。雨情が鹿屋小唄を作るために鹿屋を訪れたのは昭和15年5月である。この時作った雨情の作品は、鹿屋市出身の音楽家伊地知二朗(にろう)…

かごしまわらべうた「にじょんはしゅ」

今月のFMラジオかごしま弁講座ふるさとの歌編は「にじょんはしゅ」 虹という漢字に、虫偏がついているのを不思議に思いませんか?中国では虹は龍の一種、日本では「長虫」と考えられ、生物として扱われたために虫偏がついているといわれます。今の私たちに…

かごしまわらべうた「てーちゃんと」

今月のFMラジオかごしま弁入門講座「てーちゃんと」 「てーちゃん」は、えかき遊びのわらべうたとしてうたわれていました。 歌のことばにあわせて絵をかいてあそびます。

薩摩兵児歌(さつまへこうた)

今月のFMラジオかごしま弁入門講座は「薩摩兵児歌」。歌詞の中に鹿児島の方言が生き生きと表現されています。

かごしまわらべうた「さらまわし」

今月のFMラジオかごしま弁入門講座のわらべうたから「さらまわし」 「さらまわし」はてあそびうた、おにあそびうたのわらべうたとしてうたわれていました。遊び方は大勢で丸く円になり、一人が消しゴムなどの小さな物を左手に持ち、うたいながら右となりの…

ふるさと再発見塾「方言講座」

伝えようふるさとのことば~カゴシマ弁の魅力について語いもんそ~ 鹿屋市立図書館主催のふるさと再発見塾「伝えようふるさとのことば」の講座がありました。前半は、飛鳥・奈良時代から明治・大正までのカゴシマ弁歴史探訪、後半はクイズを取り入れたカゴシ…

かごしまわらべうた「ちんにれ ちんにれ」

今月のFMラジオかごしま弁入門講座「ちんにれ ちんにれ」 FMおおすみラジオ、定例の「かごしま弁入門講座」から。「ちんにれ ちんにれ」は鹿児島県大隅地方に伝わるわらべうたです。子守うたとしてうたわれていました。最近は背中に子どもを負って子守を…

かごしまわらべうた「わいがわい」

今月のFMラジオかごしま弁入門講座「わいがわい」 FMおおすみラジオ、定例の「かごしま弁入門講座」から。鹿児島の方言「ワイ」は「お前」という意の二人称代名詞。都はるみの「なにわ恋しぐれ」のセリフにある「ワイはアホや、酒もあるし女も泣かす・・…

林の中から

今月のFMラジオ「方言講座とわらべうた」から うた セッセッセッ はやしのなかから キューピーさんが キュ キュ キュ そのまたあとから おまわりさんが エッヘン エッヘン そのまたあとから およめさんが シャラリ シャラリ そのまたあとから こどもたちが…

かごしまわらべうた「ひふみよの鶯が」

今月のFMラジオ「方言講座とわらべうた」から ひふみよの鶯(うぐいす)が

かごしまわらべうた「おじいさんエおばあさんエ」

今月のFMラジオ「方言講座とわらべうた」から おじいさんエおばあさんエ

ふるさとのわらべうた「お月さま」

今月のFMラジオ「方言講座とわらべうた」から 「お月さんいくつは」手まりうたとして歌われていましたが「お月さま」はなわとび歌として歌われていました。「おつきさまいくつ 十三七つ」「あぶらやのかどで すべってころんで あぶらびんぬうっぐわった」…