ふるさと元気風ブログ版

ふるさと元気風ネットの活動、ふるさとの自然やことば、日々のつぶやきを発信します。2012・01・28~

なこかいとぼかい

FMラジオ方言講座

毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。方言講座編では大河ドラマ「西郷どん」の舞台が奄美大島に移ったのにちなみ奄美の方言を話題にしました。

二人称 ヤー(あなた)親しい間柄で使う。 ナン(あなた)敬語

    「ナンに知って欲しいんです」(あなたに知って欲しいんです)

一人称 ワン(私)

感嘆詞 アゲー

●定番:島口(しまぐち)あれこれ
いらっしゃいませ。(イモーレ)
こんにちは(ウガミンショーラ)
ありがとうございます。(アリガタサマリョウタ)
あなた(ナン)
ぽく(ワン)
美しい(キョラサ)
美人(キョラムン)
不美人(バシャヤマ)
どうぞ召し上がれ(ミショーレ)
また、会いましょう。(マタウガミョーロ)

 

 ふるさとのわらべうた

なこかい とぼかい (かごしまわらべ歌)
「なこかい とぼかい なこよっか ひっとべ」:くり返し
(あきらめて泣いてしまうことだろうか。それとも勇気を出しとんでしまおうか。まよって決断しないよりは勇気を出して実行しなさいの意)
このうたは、もう少し訳をつけ加えると「進むべきか、退くべきか、困った時は前進(断行)あるのみ」という古来の薩摩人の気質を歌っています。

f:id:masarutti2:20160601155424j:plain

子どもの頃、高い土手や田んぼのあぜ道、小川などを飛び降りたり、飛び越したりするときこの歌って遊んでいました。

<方言考>

鹿児島弁の特徴としてつまる音(促音)があります。「なこよっか」の「よっか」です。これは「よりか」のなまり。「ひっとべ」の「ひっ」。これは「勢いよく行う」意の強意の接頭語。鹿児島弁にはこの「ひっ」という接頭語の使われる方言が多い。ヒッチャエタ(落ちた)ヒッタマギッタ(びっくりした)等。

<譜と挿絵は「かごしまわらべうた(評価問題研究所)」より>

 

ふるさとのうた「ふるさと鹿屋音頭」

今月のFMラジオ方言講座 

ふるさとの歌コーナーは「ふるさと鹿屋音頭」

鹿屋音頭は国民体育大会が1972年に開催され、大隅湖がボート会場になったのを記念してつくられました。

この度、著作権をクリアして現代に即した歌詞に編集し、「ふるさと鹿屋音頭」の名で鹿屋音頭のリバイバル曲をつくりました。

 

ふるさと鹿屋音頭

1,ハアー アーアーアー 森の中から  鹿屋は開けて
 はれる高隈 そよぐ 風   水も豊かな  肝属平野  
 実りうれしい 心はずませ  ソーレソレソレ  ふるさとよ
2,ハアー アーアーアー  二才もそろたよ おごじょもそろた 
 お郷ぐるみの 夏祭り 祗園みこしが 幸せかつぎゃ 
 ほんに愉快な まこち愉快な   ソーレソレソレ ハンヤ節
3,ハアー アーアーアー  花がさいたよ 霧島ヶ丘
 きょうも平和の 花がさく  バラの香りは 鹿屋の心 
 だれにあげましょ おはんにあげましょ
 ソーレソレソレ バラの町

ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニープロジェクト(鹿屋会場)

ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー(INかのや)

 _____________        ____________

2018年、東日本大地震の発生から7年となる3月11日に、ふるさとの復興に向けて一歩一歩歩みを進めている仲間たちへの思いと被害に合われた方々への鎮魂の祈りを届けた。

f:id:masarutti2:20180311213325j:plain

f:id:masarutti2:20180311213456j:plain

f:id:masarutti2:20180311213542j:plain

祈りのハーモニー2018 動画編

3.11祈りのハーモニー鹿屋会場2018 - YouTube

_______________________________________

 

2017年、第六回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニーで今年も連帯して歌って被災者への鎮魂の祈りを捧げました。東日本大震災6年を迎え、1917年1月1日現在、まだ行方不明者が2554人もいるという。早期の復興を願わずにはいられない。

f:id:masarutti2:20170314103942j:plain

f:id:masarutti2:20170314104123j:plain

 _____________f:id:masarutti2:20170314140440j:plain_________________

2016年、第五回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニーイベントへ参加しました。14時46分に黙祷、一分間の黙祷の後、ストリートピアノ伴奏の調べにのせて「ふるさと」「花は咲く」の歌を届けました。(リナシティ鹿屋会場)

f:id:masarutti2:20160311233248j:plain

______________________________

2015年、第四回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニーイベントへ参加しました。一分間の黙祷の後、ストリートピアノ伴奏で「ふるさと」「花は咲く」をみんなで歌い、被災地へ祈りを届けました。(リナシティ鹿屋会場)

f:id:masarutti2:20150312055941j:plain

f:id:masarutti2:20150311235236j:plain

______________________________

2013年、東日本大震災から二年目を迎えた11日、被災地の早期復興を願う街頭コンサートが開かれ参加しました。はじめに地震があった午後2時46分に合わせて黙とうをささげ、市内の合唱グループや園児たち、参加者一同でストリートピアノ伴奏による「花はさく」「ふるさと」等の曲を合唱し、復興の願いを歌声に乗せて届けました。主催は街角に置いたピアノで地域活性化を図る「ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニープロジェクト」

f:id:masarutti2:20130311203604j:plain

鹿屋市内コーラスグループと園児たちによる合唱風景。鹿屋市リナシティー鹿屋会場

f:id:masarutti2:20130311204305j:plain

↑ 街角に置かれたストリートピアノ伴奏で復興ソング「花はさく」「ふるさと」を全員で合唱

f:id:masarutti2:20130313163409j:plain

______________________________

「ガンバッペ大船渡Tシャツ」は、東日本大震災で大きな被害を受け、大隅半島4市5町の現地支援本部が設置された岩手県大船渡市に寄り添い、支援するためにつくられました。Tシャツ制作費などの実費を差し引いた金額が義捐金として活用されます。東日本大震災を風化させないためにも3.11関連の行事ではいつもこのTシャツを着て活動しています。Tシャツは下記で購入できます。

「FMかのや」0994-41-1485、「FMきもつき」0994-65-1141、「FM志布志」099-472-1440 「FMたるみず」0994-35-4955 

______________________________

ストリートピアノ伴奏で歌う「花は咲く」鹿屋会場

 

 

 

 

 

 

 

 

ふるさとのわらべうた「じさん ばあさん」

毎月第一水曜日はFMラジオかのや「かごしま弁講座」
今月のふるさとのうたコーナーは「じさんばあさん」です。

f:id:masarutti2:20121205153240j:plain

f:id:masarutti2:20180307213053j:plain

 

「爺さん婆さん」 

爺さん婆さん 長ご生きやい

米もやすなろ 世も良なろ

弁天芝居も またござろ カヨーカヨ

カヨは流行らぬ 長崎流行る

長崎の嫁女は トンコ嫁女

トンコちゃん トンコちゃん

トンコちゃんな 上いやる

グイガメさんな 泣っきゃる

明けて三月ゃ 化粧みやげ

化粧は一石 洗粉は二石

しろいびんづけを 流らせて

長崎いこうか 島原しょうか

どこも日が照る 雲の下

これで一貫かせました ナーハイハイ

 ※このうたには、子どもたちのおじいさん、おばあさんに対するやさしい思いやりの気持ちがこめられています。かごしまのわらべうたなのに歌詞の中に「長崎」「島原」が出てきますが、昭和2年、鹿児島本線が開通するまでは鹿児島の生活文化はすべて長崎から運ばれていました。このころの子どもたちは、地方を回り歩く薬売りおじさんから流行歌(はやりうた)やわらべうたを教えてもらうことが多かったようです。

方言考:べんべんしばい(弁天芝居)、あれこ(洗粉)、びんつけ(鬢付油)・・・などのことばから当時の生活の様子がしのばれます。「トンコ」とは少女への愛称、「グイガメ」は人名。

備考:「爺さん婆さん」のうたは「久保けんお」氏の採譜を参考にしています。

 

ふるさとのわらべうた「きかん坊主(ぼず)」

今月のわらべうた「きかん坊主(ぼず)」f:id:masarutti2:20171207084908j:plain

f:id:masarutti2:20171207085029j:plain

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

方言考

「米ん飯 魚(ぶ)そえてうんまかった」

(米だけのご飯に魚をそえておいしかった。当時の貧しい庶民にとって『米だけのご飯』と『魚』はめったに食べられない最高の御馳走だった)。

 

 

ふるさとのわらべうた「わっしの家の」

ふるさとのわらべうた「わっしの家の」

今月のFMラジオ方言講座のわらべ歌は「わっしの家の」を紹介します。

 

「私の家(うち)の わっしの木に鷲が三羽ととまった。

わっしが鉄砲で鷲をうったら鷲も私もたんがった(たまげた)」

ことばあそびのわらべうたです。早口ことばで歌うと楽しくあそべます。

f:id:masarutti2:20171103174730j:plain

ふるさとのわらべうた「煙(けむい)やあっちいけ」

今月のわらべうた「煙やあっちいけ」

毎月第一水曜日、おおすみFMラジオで方言講座とかごしまわらべうた

f:id:masarutti2:20170705150316j:plain

昔、いろりを囲んで煙が自分の方へくると、手で煙をあおいで「けむいやあっちいけ、うんまんこはこっちけ」と歌って自分のほうへはあったかい火だけがあたるようにしたものです。

 

ふるさとのわらべうた「ソーダ村の村長さんが」

今月のわらべうた「そーだ村の村長さんが」

f:id:masarutti2:20170607155859j:plain

「そーだ村の村長さんが」には元うたがあった。童謡「サッちゃん」で知られる児童文学作家の阪田寛夫の詩「そうだ村の村長さん」だ。 
   「そうだ村の村長さん」 阪田 寛夫
そうだむらの そんちょうさんが
 ソーダのんで しんだそうだ
 みんながいうのは ウッソーだって
 そんちょうさんがのんだソーダは
 クリームソーダのソーダだそうだ
 おかわり十かいしたそうだ
 うみのいろしたクリームソーダ
 なかでおよげばなおうまそうだ
 クリームソーダのプールはどうだと
 みんなとそうだんはじめたそうだ
 そうだむらではおおそうどう
 プールはつめたい ぶっそうだ
 ふろにかぎるときまったそうだ
 そうだよタンサンクリームおんせん
 あったかそうだ あまそうだ
 おとなもこどもも くうそうだけで
 とろけるゆめみてねたそうだ
「そうだ村の村長さん」の替え歌は、「まだ葬式なんかないそうだ」「葬式饅頭うまそうだ」「明日の葬式、忙しそーだ」など、村長さんが死んだという前提で様々なバリエーションで歌われており、その後の葬式にまで話が進んでいる例が多くみられる。
  ことばあそびの替え歌では亡くなってしまった村長さんだが原詩の「そうだ村の村長」さんの「みんながいうのは ウッソーだって」と続いており、村長さんは生きている。

ふるさとのわらべうた「たけんこすみそ」

今月のわらべうた たけんこすみそ(てまりあそびうた)

f:id:masarutti2:20170510192432j:plainf:id:masarutti2:20170510192307j:plain