読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるさと元気風ブログ版

ふるさと元気風ネットの活動、ふるさとの自然やことば、日々のつぶやきを発信します。2012・01・28~

ふるさとのわらべうた「お月さんいくつ」

ふるさとのことば ふるさとのうた

今月のFMラジオ方言講座とわらべうたから

f:id:masarutti2:20130306153046j:plain

_________________________________

全国各地で歌われてきたわらべ歌だが鹿児島では,なわとび歌や手まり歌として歌われてきました。「十三七つ」、「油を買いに行った」等は全国で歌われるうたの内容によくにています。この歌詞は、「おつかいに頼まれた子どもが両親にほめてもらおうとして失敗する。それを見ていたお月さんにお金を一厘あげるから両親には黙っていてほしい。」という意味の内容です。

「とって」とは「お父さん」、「かっけ」とは「お母さん」の意味。