読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるさと元気風ブログ版

ふるさと元気風ネットの活動、ふるさとの自然やことば、日々のつぶやきを発信します。2012・01・28~

ひとふたとーお

お手玉のかぞえ遊び歌「ひとふたとーお」

毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。方言講座編では「たっちんこめ」「いっき」「あまめがふをわるた」「あばてんね」「いめごろ」・・・などユニークなかごしまべんをクイズにして楽しみました。後半のふるさとわらべうたコーナーでは「お手だまあそび」で歌われた「ひとふたとーお」という数え歌で遊びました。

f:id:masarutti2:20160406172356j:plain

f:id:masarutti2:20160406172509j:plain

スタジオ内お手玉遊び風景

 

 

 

ふるさとのわらべうた「一二の三」

ふるさとのわらべうた「一二の三」

毎月第一水曜日はおおすみFMラジオでかごっま弁講座の日です。講座編ではかのや朝市で取材した「あったらし」の会話文例を紹介しました。後半のふるさとわらべうたコーナーでは「石けりあそび」や「ケンケンパーあそび」で歌われた「一二の三」というわらべうたと遊び方を紹介しました。

f:id:masarutti2:20160302170003j:plain

↑放送風景  歌と遊び方の紹介<昔の遊びや歌を思い出し、みんなで一緒に歌ってスタジオ内は笑いで和みました>

f:id:masarutti2:20160302170205j:plain

↑楽譜と歌詞

f:id:masarutti2:20160302170441j:plain

↑「一二の三」遊び方

f:id:masarutti2:20160302170618j:plain

↑遊びの工夫と発展<昔、よく遊んだ石蹴りやケンパー遊びが思い出されます。>

 

 

 

 

いきいきサロン交流会

鹿屋市社会福祉協議会が主催する「ふれあい・いきいきサロン交流会」で、音楽レク講師の任を賜りました。腹式健康体操、童謡・唱歌、わらべうたで遊ぼう、昭和のナツメロ、ハーモニカ演奏など盛りだくさんのメニューで参加された方々と楽しく歌って交流し、たくさんの元気をもらいました。

活動風景写真

f:id:masarutti2:20160223220406j:plain

f:id:masarutti2:20160223220910j:plain

f:id:masarutti2:20160223222446j:plain

f:id:masarutti2:20160224172033j:plain

f:id:masarutti2:20160223222541j:plain

 

 

ふるさとのわらべうた「ひとよにふたよ」

 

今月のおおすみFM方言講座とふるさとのわらべうたから

  冬になると越中どん(富山の薬売り)が大きな箱に薬をつめ、それを背負って家を一軒一軒回ってくるものでした。子どもたちの楽しみは越中どんがくれる紙風船でした。紙風船をふくらませて歌にあわせてポーンポーンといい音をさせて遊びます。風船遊びで歌われたうたが「ひとよにふたよ」という数え歌です。
紙風船遊びの他にはねつき遊びでもこの歌が歌われました。

節回しは県内でも地方によって少しちがいが見られます。

<ひとよにふたよ>その一

f:id:masarutti2:20160203214928j:plain

<ひとよにふたよ>その二

f:id:masarutti2:20160204132123j:plain

 

f:id:masarutti2:20160203215218j:plain

youtu.be

 

通所介護施設で笑って・歌って元気活動

通所介護施設で笑って・歌ってボランティア元気活動
通所介護施設で笑って歌ってボランティア活動で高齢者の方々から元気をもらいました。唱歌では冬景色、スキー、たき火など冬の歌を、時代の歌では昭和20年までのなつかしい歌を歌いました。冬景色は南国にはめずらしい雪景色となり、歌うにはグッドタイミングでした。

f:id:masarutti2:20160127225607j:plain

活動風景

f:id:masarutti2:20160127225728j:plain

今回は昭和20年以前のネツメロヒット曲から選曲しました。特に、かごの鳥や湖畔の宿の曲は人気があり、当時を懐かしみながら生き生きと歌っていらっしゃいました。

f:id:masarutti2:20160127230225j:plain

童謡、唱歌は冬景色、スキー、たき火など冬の歌を中心に歌いました。

シニア安心通所介護施設での歌活動

  シニア安心通所介護施設での歌活動
  2016新年のスタートはシニアあんしん介護施設で通所者、入所者、スタッフの方々50名ほどで童謡や昭和のなつかしいうたを歌ってたくさんの元気をもらいました。 最後は素敵な花たばまでいただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

f:id:masarutti2:20160108223725j:plain

f:id:masarutti2:20160108222948j:plain

歌詞を見て声を出し、みんなで楽しく歌います。

f:id:masarutti2:20160108224013j:plain

プレゼンソフトを使って楽しい画像や絵の提示を工夫します。

f:id:masarutti2:20160108230155j:plain

活動後の花束は何よりもうれしいプレゼントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

あんしん地域ネットワークふれあい活動で交流

地域に住む高齢者の方々を対象にした集まり「あんしん地域ネットワークふれあい活動」で地域の高齢者の方々とゲームや健康体操、楽器の演奏や歌を楽しみ、交流を深めました。

f:id:masarutti2:20150908185256j:plain

f:id:masarutti2:20150908185446j:plain

複式健康体操

f:id:masarutti2:20150908185611j:plain

歌で元気活動

 

 

ふるさとにのこるうた「ガネ取いのうた」

今月のおおすみFMラジオ方言講座のふるさとのうた「がね取いのうた」

1,○おいどんが ちんけときゃよ がねといけ いっごったよ

 がね といださじよ ねて もどったよ

(自分たちが小さい頃は、よくカニを捕まえに行くものだった。

しかし、カニは捕ることができなくて泣いて帰ったものだった)

2,おいどんが ちんけときゃよ おついけ いっごったよ

 いおは といださじよ ねて もどったよ

3,おいどんが ちんけときゃよ ガラッパみいけ いっごったよ

 ガラッパは みださんじよ ねて もどったよ

f:id:masarutti2:20150902222826j:plain

 がねといのうた

f:id:masarutti2:20150902223550j:plain

ラジオ方言講座放送風景

介護福祉ワークショップ

介護福祉事業所が開講する初任者研修講座ワークショップ<6時間>の講師依頼を受け、次の内容でプログラムを組み、実施しています。対人援助と音楽療法(2時間)、コミュニケーション言語としての手話(2時間)、対人援助とコミュニケーション(2時間)。

f:id:masarutti2:20151208234127j:plain

最新活動日:2015年12月8日<介護福祉現場でコミュニケーションツールとしての方言の役割>

f:id:masarutti2:20151208234220j:plain

f:id:masarutti2:20150831231901j:plain

f:id:masarutti2:20150831232138j:plain

音楽回想療法の理論と実際

f:id:masarutti2:20150831231943j:plain

手話の基礎指文字からスタートし、手話による自己紹介、福祉に役立つあいさつや声かけができるまでスキルを高めます。

f:id:masarutti2:20150901152701j:plain

 手話講座風景

デイケア「歌で元気活動」

毎月定例のデイケア「歌で元気活動」8月の 時代の歌は、昭和30年代のヒット曲を歌いました。高度成長期のこの時代は田舎から都会に人口が集中し、ふるさとを歌った曲が大ヒットし,「別れの一本杉」「ああ上野駅」「りんご村から」など、「ふるさと演歌」などとも呼ばれるなつかしい名曲がたくさん残っています。

f:id:masarutti2:20150829224153j:plain

デイ施設での活動風景

f:id:masarutti2:20150829224312j:plain

ふるさとへの郷愁を歌った「ああ上野駅

f:id:masarutti2:20150829225028j:plain

昭和30年代ベスト10ヒット曲

f:id:masarutti2:20150829224359j:plain

最後は毎回、手話を入れた「花は咲く」を歌って活動の終わりとします。